画像

すっぽんに噛まれてしまった時の対処方法

すっぽんを捌いたり、素手で触るようなことがあると、場合によっては噛み付かれてしまうことがあります。そんな時はいったいどのように対処すればよいのでしょうか?

噛まれた時の対処法

噛まれてしまったとしても慌てないでください。 乱暴にすっぽんを引き離そうとしたり、振り回してしまうとかえってけがをする恐れがあります。

落ち着いて水の中に静かに入れてみてください。水の中に入ると噛むのをやめ、大抵すっぽんはすぐに逃げていきます。

噛まれないための扱い方

すっぽんに噛まれるのを避けるためには、まずすっぽんを前から持たないことです。

たとえ顔の近くでなくとも、すっぽんの首は非常によく伸びるので噛まれる危険性があります。持つときは必ず甲羅の後ろの方から持つようにしてください。

また、割りばしなどをあらかじめ噛ませておくという手もあります。

なぜすっぽんは噛みつくの?

すっぽんが噛みつく理由は自己防衛のためです。

すっぽんはとても臆病な性格で、普段は地中に潜るなどして身を隠しています。 そのため、体を触られるなど危険を感じたら相手に噛みつくなどの反撃を行い自分の身を守ろうとします。

すっぽんの攻撃力の強さはその臆病さゆえの物なのです。

まとめ

犯人を見つけたら捕まえるまで執拗に追い続ける刑事のことを「すっぽん刑事」と呼ぶなど、すっぽんといえば噛みついたら絶対に離さないというイメージを持つ方は非常に多いと思います。

ですが、決して離さないということはなく、こちらが落ち着いて対処すればすっぽんは噛むのをやめてくれます。ですので痛いとは思いますがパニックになることなく冷静に対処してください。