画像

すっぽんに豊富なコラーゲンの効果って何?

すっぽん料理の人気の理由の一つに、美容効果の高いコラーゲンが豊富であることが挙げられますが、そもそもコラーゲンとは一体何なのでしょうか?

ここでは、コラーゲンとその効果についてお話します。

コラーゲンとは

コラーゲンとはたんぱく質の一種で、人間の体内に含まれるたんぱく質の約3割を占めています。

コラーゲンについては広告などで美肌効果があるということがよく取り上げられるので、肌にしか関係しないものというイメージが持つ方が多いと思われますが、実際には骨や関節、内臓や血管など身体の様々な箇所に関わる物質です。

コラーゲンの働き

コラーゲンは体内の細胞と細胞を繋げる接着剤の役割を果たしています。 コラーゲンは繊維を作り、そこに必要な成分をつなぎ留めます。そうすることで皮膚や骨などの組織を形成します。

また、同時に組織に弾力性を持たせることができます。コラーゲンの摂取で肌がぴちぴちになるといわれるのはこの弾力性のおかげです。

しかも、この弾力性のメリットは肌だけのものではありません。 骨も弾力性を持たせることで多少の衝撃にも耐えられるようになりますし、また関節部分にある軟骨もコラーゲンが多く含まれていて、骨本体の摩耗を防いでいます。

コラーゲンは肌だけでなく身体全体の健康にかかわる重要な物質なのです。

コラーゲンの代謝が滞ると

加齢などによりコラーゲンの新陳代謝が滞ってしまうと様々な悪影響が出てきます。肌にはシミやそばかすなどが増えるほか、弾力性も失うのでしわやたるみも発生します。

骨もたちまちもろくなってしまい骨粗鬆症や骨折の原因になります。

また軟骨もすり減ってしまい関節痛を引き起こしてしまします。

これを防ぐためには食べ物やサプリメント等で栄養を補給してあげる必要があります。

コラーゲンペプチドの状態で摂取するのが効果的

人間の身体にとってとても重要な役割を果たすコラーゲン。実際にすっぽんなどコラーゲンを多く含む食べ物を食べた人は「肌がぴちぴちになった」「関節痛が和らいだ」などといった感想を持っています。

しかし、科学的にはコラーゲンを食べても効果があるかどうか不明とされています。というのもコラーゲンなどのたんぱく質は体内に取り入れられるとアミノ酸に分解されます。アミノ酸も体内でコラーゲンを生成するときに必要なものですが、経口摂取したコラーゲンが分解されたアミノ酸がそのままコラーゲンの材料になるかどうかは不明とされています。

つまり、わざわざコラーゲンを摂取してもほかのたんぱく質同様アミノ酸に分解されるため、わざわざコラーゲンを摂取する必要はないということです。

しかし、コラーゲンをあらかじめ分解した「コラーゲンペプチド」であれば、完全に分解されることなく体内にそのまま行き渡ることが最近の研究でわかりました。

コラーゲンペプチドを摂取するには食べ物からではなくサプリメント等を摂取する必要があります。

すっぽんサプリの中にもコラーゲンペプチドが含まれているものが数多くあるので是非飲んでみてください。

美容効果だけでなく健康にとっても重要な物質であるコラーゲンは、いつまでも元気でありたいと人達にとって欠かせないものになっています。