画像

調理済みのすっぽんにはどんなのがある?

すっぽんは栄養豊富でかつ味も良いので人気がありますが、調理するにはそれなりの技術が必要です。

生きたままのすっぽんを捌こうと思っても暴れたり噛まれてしまったりで思ったように進まないことが多いです。

また切り分けるときも膀胱などを誤ってつぶしてしまうと臭くなってしまうなど、すっぽんは調理するのに非常に手間のかかる食材です。

ですが、捌かれた状態で売られているものなど、ある程度調理されたものであれば簡単に料理することができます。

ここでは、調理済みのすっぽん食品についてご紹介します。

捌かれた状態で売られているもの

すっぽんも牛肉などと同様に捌かれた状態で販売されているものもあります。 ですが、肉単体で販売されているものは少なく、すっぽん鍋セットなどのようにほかの具材とセットで販売されていることが多いです。

捌かれていない状態のすっぽん本体と比べると割高ではありますが、面倒な手間を大きく省くことができます。

すっぽんスープ

すっぽんのスープも調理済みすっぽん食品の中では数多く出回っているものです。すっぽんの身は入っていませんが、その分長期間保存することができ、また価格もリーズナブルなので手に入りやすいです。

すっぽんスープはそのまま飲んだり雑炊にしたり様々な用途に使うことができます。

その他の調理済みのすっぽん商品

調理済みのすっぽんの中には他のレトルト食品のようにちょっと手を加えるだけで食べられるようになっているものも多くあります。

唐揚げや餃子などはすでに皮や衣に包まれた状態で売られているものもあるので、揚げたり焼いたりするだけで食べることができます。

すっぽんカレーは一般的なレトルトカレーの状態で売っています。

また漬物であれば調理の必要がないのですぐ食べることができます。

まとめ

昔はすっぽん料理は技術のある人にしか作ることができませんでしたが、今では調理済みのすっぽんが多数販売されるようになり、だれでも簡単に作ることができるようになりました。

ご家庭ですっぽん料理を食べてみたいと思っている方は是非一度手に取ってみてください。