画像

胃腸が弱くてもすっぽんを食べて大丈夫?

すっぽんを食べようと思ったときに、何か胃の調子が悪かったり、持病で胃腸が弱く便秘がちな人も多いでしょう。
特に女性は人知れず便秘で悩んでいるという人が多く、体調が悪くなると外出したくなくなることもあるかもしれません。
すっぽんは健康食品として有名で、スッポン料理を食べて元気になったという人や、
女性ならサプリメントや飲料を飲んで肌がツヤツヤになったという人がたくさんいます。

しかし、胃腸が弱い人はスッポン料理を食べてもいいのでしょうか?

すっぽんは、古代中国の頃から漢方薬として滋養強壮に効く薬として重宝されてきました。
食べるだけで元気になる秘密にはそうした理由があります。
このように漢方薬として用いられてきたぐらいですから、すっぽんは胃腸にも効くとされています。

もともと健康な人は気づかないのですが、胃腸が弱い人が食べると体調が改善するといわれています。
もっとわかりやすくいいますと、血液の循環がよくなって、胃腸の調子もよくなったということです。
すっぽんには血液の流れをよくし、新しい血液を作る栄養素がたくさん入っています。
そのため、胃腸を活性化させ便秘や下痢を簡単に治してしまうことがあります。

便秘に悩んでいる人はたくさんいますが、そうした人でもすっぽんを食べることで、体の中に溜まった老廃物が出てすっきりとします。
同時に血流の流れもよくなりますので、お肌の色もツヤツヤになり、肌の調子もよくなることが確認されています。

このように考えると胃腸が弱い人ほどすっぽんをよく食べてください、ということになります。
胃腸の調子がどうもよくないという人で最近食べていない人は、仲間とスッポン専門料理店へ行ってみるといいでしょう。
たまにしか食べない人は、忘れたころにすっぽんのおいしさを思い出します。
体調が悪くなったときは、すっぽんで体の調子を取り戻してください。