画像

胃腸が弱くてもすっぽんを食べて大丈夫?

栄養豊富なすっぽんですが、胃腸が弱い時でも食べてしまって大丈夫なのでしょうか?

コラーゲンと胃腸

結論から言うと、胃腸が弱い時にすっぽんを食べるのはおすすめしません。

まれにすっぽん料理やサプリメントを食べた後に下痢になってしまう方がいます。 これはすっぽんに多く含まれるコラーゲンが原因です。

コラーゲンは分子が大きく消化するのに時間がかかるため腸に大きな負担がかかってしまいます。

胃腸が弱い時にはコラーゲンが多く含まれるすっぽん鍋のスープをあまり飲まないようにしたり、すっぽんのサプリメントの摂取量を減らしたりして、胃腸に負担がかからないようにしましょう。

また、健康な時でも「コラーゲンは肌にいいから」といってすっぽんのサプリメント等を過剰に摂取するのはやめましょう。効果が出るどころか逆に胃腸を痛める等の悪影響が出る恐れがあります。

すっぽんは胃腸を丈夫にする

胃腸が弱い時には気を付けたほうが良いすっぽんですが、すっぽんには以下のような胃腸を丈夫にする養素も含まれています。

  • 葉酸・・・胃腸の粘膜を保護する効果。
  • ビタミンB群・・・消化不良や下痢を予防する効果。

すっぽんは胃腸が弱くなるのを予防してくれる効果があるのです。

まとめ

胃腸が弱い時には負担が大きいすっぽんですが、元気な時に食べれば胃腸をより丈夫にしてくれます。

すっぽん料理やサプリメントを摂取して健康な胃腸を維持しましょう。