画像

すっぽんはどんな味がするの?

すっぽんは昔から健康食品として知られていました。
疲労回復や滋養強壮だけでなく、 健康や美肌にも効くので万能の薬としても使われてきたものです。
しかし、料理として食べる以上、栄養面と同じか、またはそれ以上に味は重要な要素です。
ここでは、すっぽんはどんな味がするのかということについてお伝えしましょう。

すっぽんの味

すっぽんは調理法によって味が変わってきます。 刺身など、生で食べるときの食感はふぐ刺によく似ていますが、火を通した後の食感は鶏肉によく似ています。 脂っこくなくあっさりとした感じで、コリコリとした食感です。
また、すっぽんをダシにしたスープはコンソメスープのような味で、濃厚な旨みがありま す。

すっぽんがまずくなる原因

すっぽんは適切に調理されている場合には美味しく食べられますが、調理法を少しでも間違えてしまうと臭みが出て不味くなってしまいます。

捌くときに膀胱を誤って切ってしまう

不味くなる原因の一つが膀胱です。すっぽんを捌くときに間違えて膀胱を切ってしまうと、溜まっていた尿が出てしまいすっぽん全体に臭みが生じてしまいます。

活け締めのし忘れ

もう一つが活け締めをせず調理をした時です。通常店などで販売されているすっぽんは、活け締めといってきれいな水の入った水槽で一定期間絶食させて体の中をきれいにした状態で販売されているのですが、もしこれを忘れたり、また不十分だった場合には体内に餌や泥の臭いがついてしまいます。
ちゃんとしたお店であれば活け締めをしていないなんてことはないと思われますが、もし野生のすっぽんを獲ってきて捌くというのであればその前に活け締めを行うことを強くお勧めします。

まとめ

すっぽんの味についてここまでお伝えしてきましたがいかがだったでしょうか?
すっぽんが高級食材とされるのは希少性や健康効果だけでなく、風味も非常に良いからに他なりません。
健康効果のみであればサプリメントでも得ることは可能ですが、もし機会があればぜひ一度料理店へ足を運びすっぽん本来の味を堪能してみてください。