画像

すっぽんはどこで売っているの?

すっぽんの売っている場所はさまざまです。
さすがにスーパーでいつも置いているわけではありません。
魚屋なら事前に連絡しておけば、手に入れられる可能性もあります。

そうしたすっぽんも通販などで直接養殖場から買い付ける方法があります。
毎日育てている養殖場だから、いつも手に入れられるというわけです。

すっぽんは季節によってその活動も違うようです。

例えば、冬の時期には冬眠をして暖かくなってから動き出すようなパターンになっています。
天然ものと養殖ものとではその違いがはっきりと出てしまうのが、すっぽんの特徴です。
そのため、養殖ものでも自然と同じような活動をしているすっぽんはとても身が引き締まっていて、
おいしい歯ごたえのものが多くなっています。

ただ、天然のものは夏の時期にしか見かけることができません。
もし冬の時期に食べたいと思ったら、養殖ものを探すようにしましょう。
養殖モノで気をつけることは、活しめをきちんと行っているのかどうかです。

活しめを行っていないと、えさの匂いなどが残ってしまいあまりおいしくないすっぽんになってしまいます。
すっぽんを食べるときは、新鮮さが命です。
そのため配送にも気を使いましょう。

配送料金も確認しなければなりません。
養殖場などから直送の場合は、とても配送料が高くつくことがあります。
また、新鮮さを期待するなら、クール便などを使うのが当然のことでしょう。

そして、食べる日の一日前に到着するように日付の指定を行ってください。
スッポン料理は、それ以外の材料も必要になります。
材料はその日によって違うものが揃いますが、すっぽんはメインの素材です。
ですから、食べる日の直前に届くようにすると鮮度を保ったものを食べることができます。

また、すっぽんには大きさに個体差があります。
通販では個体を選ぶことはできませんが、養殖場などのお店のほうも個体差には気を使っているので大丈夫でしょう。